東京五輪で公共施設を全面禁煙にする新法の整備が進んでいる。 「もはや敗軍の兵」と自嘲するのは、愛煙家で喫煙文化研究会の呼びかけ人の二木啓孝氏。 「喫煙の排斥は憲法違反」と反論する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2603文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。