小田原市の職員が生活保護世帯への批判と取れる内容のジャンパーを着ていたことが分かった。その後の調査では、ジャンパー以外にもマグカップなど多数のグッズ作製も明らかになった。事態を重く見た市役所は、原因究明を急ぎ再発防止を誓う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2953文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。