千葉県富津市の養殖のりが凶作に見舞われている。 例年の5%にも満たない水揚げ額で原因が特定できていない。 新富津漁業協同組合の小泉敏組合長は「例年の半分程度まで持ち直してくれれば」と願う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2784文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。