震災による津波で壊滅的な被害を受けた宮城県の水産業。名産品の養殖ホヤもその一つだった。復活に向け努力を続けてきたが2013年、韓国の禁輸措置が実施され苦境に。新商品の開発などで国内販売は伸ばしたが、最終的に7600トンが販売できず処分する事態に陥った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2836文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。