米軍普天間基地のある沖縄県宜野湾市長選で、辺野古移設反対派の新人が現職に大敗した。辺野古移設問題を巡っては政府と沖縄県が対立し、法廷闘争に発展している。新人を擁立して反対運動を盛り上げたかった翁長雄志・沖縄県知事の県政にも影響を与えそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3115文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。