沖縄県の主要産業の一つであるコールセンター事業が、急激な人材不足に直面している。沖縄総合事務局の調査で、年間の離職率が4割にも達する現状が浮き彫りになった。危機感を抱いた事務局は、県庁や事業者と協力し、早急に改善に取り組む方針だ。