北海道北部の日本海側、留萌地域で計画されていた送電網整備計画が凍結。風力発電の一大拠点を目指した地元自治体の期待はもろくも崩れた。計画を推進してきた協議会会長は「民間事業者には荷が重かった」と話す。