私はこれまで6回ものがん摘出手術を受けたがんサバイバー(がん体験者)です。最初の告知は1984年、日本興業銀行のニューヨーク支店営業課長を務めていた39歳の時。大腸がんでした。手術したものの、5年後の生存率は20%と言われ、頭の中が真っ白になりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。