私はこれまで6回ものがん摘出手術を受けたがんサバイバー(がん体験者)です。最初の告知は1984年、日本興業銀行のニューヨーク支店営業課長を務めていた39歳の時。大腸がんでした。手術したものの、5年後の生存率は20%と言われ、頭の中が真っ白になりました。