私が全日本空輸(ANA)の社長を拝命したのは2001年。最初の半年ほどは、経営環境は悪くありませんでした。しかし、突然3つのショックが襲い、状況は一変しました。