4年前、団体で銀メダルを獲得したロンドン五輪では、我々は初のメダルへの挑戦者でした。しかしリオ五輪では「銀メダルは取って当然」という期待があり、チームにはプレッシャーがありましたね。個人的には、決勝で中国に勝てなくても、一泡吹かせてやりたいと考えていました。準決勝でドイツに負けて銅メダルになりましたが、2大会連続でのメダル獲得は、東京五輪を控えた今後につながります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1313文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。