国際的な交渉力養成には 自国の熟知、人間関係、交渉後の改革が大切

(写真=清水 真帆呂)

 TPP(環太平洋経済連携協定)や対北朝鮮問題など国際交渉にどう立ち向かうかが、日本にとって改めて重要な状況になっています。産業界も同じですね。海外企業のM&A(合併・買収)をはじめ、国際交渉は企業の盛衰の重要な要素になっていますから。

 私もかつて大蔵省(現・財務省)で長く国際交渉に関わってきました。1985年のプラザ合意、87年のルーブル合意など、数え上げればきりがないほどです。そんな経験から言うと国際交渉で日本が互角に渡り合うためには3つのポイントがあるように思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1027文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。