大切なのは「聞く力」 相手の思いを受け止める 修羅場が人間を鍛える

(写真=北山 宏一)
(写真=北山 宏一)

 三越に1975年に入社して、おもちゃ売り場を振り出しに、婦人服など様々な売り場を担当してきました。

 当時、一番感じたのは、お客様からのクレームが多いことです。服のお直しの仕上がりがよくない、納期が間に合わないといったものでした。三越ブランドに対する期待は大きいだけに、それを満たすようなサービスを実現できていないと、厳しく叱られました。

 「責任者を出せ」と呼ばれて、急いで事情を説明しようとすると、逆に火に油を注いでしまう。お客様の怒りのボルテージが上がってしまうのです。

 何十回もやって分かったのが、最初にお客様の声を全部聞かないといけないこと。何に怒っているのか。どこに不満があるのかを知ることが一番大切です。聞いて、聞いて、聞きまくる。お客様にすべてをはき出してもらい、それを100%受け止めてから、初めて対応が始まります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り935文字 / 全文1340文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。