支社勤務で思い知った 本当の現場重視とは何か 理だけで人は動かず

(写真=村田 和聡)

 入社して以来、本社勤務が長く、初めて現場に出たのは45歳の時でした。新潟県の長岡支社に支社長として赴任したのです。県の半分ぐらいを所管していて、当時営業職員は約500人。内勤職員も含めると全部で600人ぐらいの支社でした。

 現場重視──。私はこう考えて長岡に向かいました。本社にいたときから「現場重視」「お客様のために」と言い続け、現場の大切さは十分理解しているつもりでした。しかし、実際に行って見るとがくぜんとしました。今まで自分が吐いていた言葉が、いかに皮相的で魂がこもっていなかったか、と。

 着任数カ月後くらいに、ある女性の営業職員と企業のお客様を訪問したときのことです。出かける直前に、何かお客様に頼みたいことがないか聞いてみました。せっかくの機会だから、この職員のために支社長として何かをしてあげたい。そんな義侠(ぎきょう)心からでした。

 それに対して彼女はこう言いました。「支社長としてあいさつだけしてもらえれば結構です」。私が食い下がると、「いや、本当に結構なんです。もう10年以上お付き合いしているお客様です。支社長は2~3年で代わると思いますが、私はこの先も長くお付き合いします。だからあまり成果を急がないでほしい。保険の話は一切しないでください」。きっぱり言いました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り749文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。