幸せの法則は「あいうえお」
自分で選び、決めるから、その「約束」には責任を持つ

(写真=村田 和聡)
(写真=村田 和聡)

 私なりの「幸せの法則」とは何だろうと、60歳を迎えた時に考え、「あいうえお」でまとめてみました。「あ」は会いたい人に会いたい、「い」は行きたいところに行きたい、「う」はうれしいことがしたい、「え」は選ばせてもらいたい、最後の「お」はおいしいものが食べたい。

 わがままに聞こえるかもしれないし、人は自分一人で生きているわけじゃないと言われるかもしれません。でも、私はうそがつけないんです。「会いたい」で言えば、食事のお誘いをよく受けますが、お目にかかれたらうれしいなと思う方でなければ出かけません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1024文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。