誰かの支えになろうとする人こそ 一番支えを必要としている

 あなたは、どのように人生の最期を迎えたいでしょうか。団塊世代の高齢化に伴い、日本は多死の時代を迎えて、現在8割を占める病院での看取りでは足りなくなります。そこで、在宅での介護と看取りを可能にするために、有志と「エンドオブライフ・ケア協会」を設立し、人材の育成を進めてきました。私自身は、緩和ケアに携わって23年。クリニックでは、昨年311人の方のご臨終に付き添いました。

(写真=村田 和聡 [Photo Space Passion] )
(写真=村田 和聡 [Photo Space Passion] )

 「死」という、逃げられない壁を突きつけられたとしても、人は穏やかに過ごせる可能性があります。痛みがないこと、希望の場所で過ごせること、自分の生きて来た意味を見いだせること、穏やかになれる理由は人によって異なり、私たちはそれを探ります。

 しかし、どれほど心を込めて誠実に関わったとしても、全ての人が穏やかになれるとは限りません。40代でIT企業に勤めていた男性は、どうしても自らが末期がんだと認めようとはしませんでした。生きるための方策を探し続けながら、あくまでがんと闘い続けようとされ、トイレに1人で行けなくなったときには、絶望のあまり「早く死にたい」と訴えました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り861文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。