経営者に大切なのは従業員のやる気を上げることだ

(写真=栗原 克己)
(写真=栗原 克己)

 今年で84歳になりましたが、長い取材生活の中で、僕はどんな相手に対しても言いたいことを全部言ってきました。それはずっと変わっていません。もちろん、これは政治家に対してだけではありません。数えきれないくらい多くの経営者に直接会いましたが、いつでも同じスタンスで話を聞いてきました。だからこそその分、相手の本音を聞くことができたのだ、と自負しています。

 パナソニックの創業者、松下幸之助さんには生前、十数回会ったことがあります。印象に残っている言葉はたくさんありますが、特に覚えているのが「経営者にとって大切なのは、従業員のモチベーションをいかにして上げるのか、従業員をどれだけやる気にさせるかだ」と強調していたことです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り916文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。