細部にこだわる 結果で勝負する
宮大工の姿勢が理想

 宮大工のような仕事をする──歴史家として経験を積むうちに、こう考えるようになりました。細部に意を払いつつ、堅牢な建物を建てる。途中の経過をくどくど説明するよりも、謙虚に、出来上がったもので評価してもらう。

(写真=加藤 康)
(写真=加藤 康)

 「神は細部に宿りたまう」という金言もあります。

 高校生の時にこんな経験をしました。1950年に朝鮮戦争が始まった時のこと。校長の田中俊英先生(東京大学哲学科出身)が「北朝鮮が韓国に侵攻した」と話されたのです。どちらが戦端を開いたかは、この後、専門家が20年にわたって論争(「先攻論争」と呼ぶ)することになる大テーマです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り957文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。