デジタルテクノロジーで 不可能が可能になる。 便利さは神の領域に近づく

(写真=陶山 勉)

 私は、デジタルテクノロジーは「簀子(すのこ)」みたいなものだと思っています。床に簀子を置けば床全体が少し高くなり、それまで手が届かなかったものにも手が届くようになる。簀子は不可能を可能にするインフラで、デジタルテクノロジーもまた、そういうものです。

 インターネットが登場してから現在まで、無線がこれほど急速に広がったことを除けば、技術は予測できる範囲で発展してきました。最近、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が注目を集め、突然、進化のスピードが上がっているように感じる人もいるでしょうが、実際にはなだらかに進化し続けているのです。技術的にジャンプが起きて不連続な発展をするということは、まずありません。

 例えば、World Wide Webの発明は英国人エンジニアのティム・バーナーズ=リー氏の功績といわれていますが、その前にもさまざまなアイデアが試されています。いつ、どのように人々に受け入れられるかを予測するのは難しいとしても、どのような技術が出て来るかは分かるものです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り842文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。