「手間を掛けよう」「気を込めよう」──。思えば、外食事業に携わっていた20年ほど前から、営業部長に就いた時も社長になっても、従業員に対してずっとこの言葉を繰り返し伝えてきました。