プラ製ストロー廃止は象徴 環境対応の「大義」に賛同し、 日本はもっとアクションを

(写真=稲垣 純也)
(写真=稲垣 純也)

 米スターバックスがプラスチック製ストローの使用を2020年までに世界中で撤廃することを決めるなど、プラ製ストロー全廃の動きが世界に広がっています。こうした動きを、「欧米企業特有のプロパガンダだ」「環境に大したインパクトはない」などと、冷ややかに見る向きもあります。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。

 ESG(環境、社会、企業統治)を重視する世界的な動きについては、日本政府も対応を急いでいます。金融庁は、ESGをコーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コードに次ぐ、経営者や投資家が守るべき行動基準として重視し始めています。環境省もESG金融懇談会を立ち上げ、7月に「ESG金融大国を目指して」と題した脱・炭素社会に向けた提言を発表しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1014文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。