一人で頭を抱えずに不具合を「楽しむ」
悪い経験は未経験に勝る

 ヘリコプターや小型飛行機の開発は、6~7年かかる長期プロジェクトです。設計図を描いて風洞試験や強度試験を繰り返し、様々な部品を組み立てていくのですが、私の経験では決まって最終段階で深刻なトラブルに見舞われます。一生懸命やって飛行直前までこぎ着けたのに、なぜこんな不具合が起きるのか。青い月明かりに照らされながら、何度も情けない思いに打ちのめされました。

(写真=陶山 勉)
(写真=陶山 勉)

 しかし嘆いていても意味がありません。初飛行の期限は決まっているので、やるしかない。そうした状況で開発チームのリーダーは何をすべきなのか。私は不具合を「楽しむ」ことだと思います。

 航空機開発では不具合がつきものです。誰も経験していない新しいことに挑戦するのだから、当たり前ですよね。それを解決することで、一歩ずつゴールに近づきます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り914文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。