文化とは手間が掛かるもの
だが、掛けたエネルギーが感動体験を生み出す

 デザインの仕事をする上で、感動体験をもたらすことを常にテーマにしてきました。見た人や使った人に感動を与えるには、色も形も素材も使い勝手も、今までにないものに挑戦し、取り入れていくことが重要になります。

(写真=村田 和聡)
(写真=村田 和聡)

 九州新幹線や今年7月に運行を始める伊豆観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」のデザインもそうでしたが、とりわけ九州旅客鉄道(JR九州)のクルーズトレイン「ななつ星 in九州」では、車両としてはタブーとされてきたことに数多く挑みました。それが、古今東西の様式やデザインを曼荼羅のように組み合わせた「オンリーワン」の車両につながったのだと思っています。

 ななつ星では、床や内装に木材をふんだんに取り入れ、洗面台には有田焼を使っています。どちらもメンテナンスが難しいし、壊れる恐れもあります。特に、車内の建具に利用した組子細工は、「列車が揺れた時にお客様がぶつかれば壊れてしまうのではないか」と職人さんが心配したほどです。その時に私は、「壊れたら作り直せばいいじゃないか。責任は持つから」と叱咤激励したのを覚えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り832文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。