最近の商社マンは、私から見ると、何となく同質化していることが気がかりです。「モノトーン」とでも言いましょうか。