自分の「譲れない一線」を勝負どころで守れるか
人生の価値はそこだ

 外交官の責務は交渉の記録を刻むことにあり──インテリジェンス小説と評していただいた『ウルトラ・ダラー』にこう書いたことがあります。機微に触れる外交のさなかは、交渉内容も厳秘とされますが、精緻な記録は残しておくのが鉄則です。後年、その記録の機密が解かれ、すべての外交官が歴史の審判を受けることになります。

(写真=大槻 純一)
(写真=大槻 純一)

 この物語を読んだある読者から「外交官といえど、上司や周囲の意向を忖度して、虚偽の記録を紡いでしまうケースもあるのでは」と尋ねられました。

 その通りです。目先の出世がちらつき、職場の空気に配慮したりして、事実を曲げ、書くべきことを伏せた文書などいくらでもある。僕も大組織に身を置いた経験がありますから、常に筋を通せとは言いません。でもプロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。どんなに怖い上司でも懸命に説得すべきです。なにも外交官に限りません。公認会計士でも、営業マンでも、生き方を懸けて「断じて譲れない一線」があるはずです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り889文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。