現場に立ち そこで思い考える。「自分たちに何が出来るか」

(写真=村田 和聡)
(写真=村田 和聡)

 それは、すさまじい光景でした。仙台市の荒浜に立つと、自衛隊がテープを張って規制している。横に赤い旗が立ち、そこには遺体が埋まっています。

 発電所が水没し、ビール工場が倒壊しました。そうした被災した取引先を回り、大きなショックを受けました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1158文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。