年を取ると頑固になるし、いつ死ぬかも分からない。トップの座は未練なく譲る

(写真=稲垣 純也)
(写真=稲垣 純也)

 6月の株主総会後に会長兼CEO(最高経営責任者)を退く予定です。元気なうちにしっかりと、会社を継いでおきたいからです。

 先代の忠雄は、「わしは死ぬまで社長を辞めない」と言い、私も忠雄はいつか死ぬと思いながらも、簡単に死んでもらっても困るとの思いがありました。そういう状況でしたから、突然倒れたら大変なことになると想定できたとしても、具体的な計画を事前に相談していませんでした。生きているし、そんなことを聞くのは失礼だからと、話せなかったのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1031文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。