他人と異なる視点で世の中を定点観測すれば 先を見る目は磨かれる

(写真=鈴木 愛子)
(写真=鈴木 愛子)

 社長にはなりましたが、私はエリートでも何でもありませんでした。入社して配属されたのは、福岡市の博多工場の倉庫課。この工場に5年いて次は労働組合専従を6年です。営業志望で入社したのに全く違う道を歩むことになったのです。

 でも、腐ることはなかった。「言われたことはなんでもやろう」と思いを定めていたからです。大学を出る時、社会のことなんか何も知らなかった。ビール業界の知識もゼロ。何にも知らないから何でも習って覚えてやろうと思ったのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1058文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。