コマツに入って最初に配属されたのは、建設機械の耐久実験を担当する部門でした。屋外の現場で、ひたすら試作車を運転し続けるのが仕事です。故障があれば部品をバラバラにして、原因を追究する。宿舎に泊まり込んでの毎日で、気性の荒い先輩に叱られながら建機の動きを覚えました。ですから、今でも運転には自信があります。