2008年9月、私は米国で奇妙な光景を目にしました。日東電工を知ってもらうため投資家に色々とアピールしていたのですが、話す相手によって全く態度が違うのです。ある投資家は前のめりで質問してくるのに、別の担当者は「心ここにあらず」といった顔で聞いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1318文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。