気付いたらゴミを拾う
周囲の視線は気にせず 正しいことを堂々と

(写真=山田 哲也)
(写真=山田 哲也)

 落ちているゴミを見つけたら、拾わなければなりません。無視して通り過ぎた後で、「実は気付いていたんだ」と言ってもだめ。やるべきことが分かっているなら、大事なのは実行することです。

 バブル真っ盛りの1989年。私は米国の合弁会社に、財務担当副社長として赴任しました。繊維メーカーとして成長してきたグンゼは当時、非繊維事業の拡大を目指して新分野への進出を急いでいました。そこで出資した一社が、経営の混乱から事業を立ち上げられずにいたのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1059文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。