山本寛斎「人生の7割は葛藤でした」

( 写真=村田 和聡)
( 写真=村田 和聡)

 日本人として初めてロンドンでコレクションを開いたのが、1971年のことです。ショーはBBC(英国放送協会)を通じて英国中を震撼させ、ニュースを聞いたデヴィッド・ボウイが私の衣装を購入しました。彼の感性がそうさせたのでしょう。

 そのころ彼は、73年に米国で開くコンサートでの衝撃的な登場を考えていたようです。その公演で、私は初めて私が作った衣装を身に着けたボウイを目撃しました。雑誌「TIME」の表紙にもなった黒のジャンプスーツです。ステージに立った彼の脇から黒子が服を引っ張ると、一瞬にして中に着ていたニットの衣装へと様変わり。観客全員が総立ちで、会場は一気に盛り上がりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1003文字 / 全文1317文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。