仕事に意気を感じる環境を職場に作る。
それがリーダーの仕事

(写真=加藤 康)
(写真=加藤 康)

 防衛装備庁が発足したのに伴い2015年10月、初代長官に就任しました。同庁は、安全保障環境を踏まえた技術的優位の確保、防衛装備品のハイテク化を念頭に置いた調達改革を実現すべく、防衛省の外局として新設されたもの。内局の装備関係の部署、技術研究本部、装備施設本部、陸海空の自衛隊の装備取得部門などを統合した、1800人からなる巨大組織です。

 「事務官、技術者、自衛隊の制服組からなる“混成部門”なので、調整が大変では」と心配されましたが、運営に手こずることはありませんでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1017文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。