あれは2000年、山形県米沢市の子会社に社長として着任した時のことです。さっそく経理担当の人が「社長、こちらの伝票に判子を押してください」とやってきました。額面を見ると1億5000万円の借り入れです。「軽く言われるものなんだな」とちょっと驚き、「押さないとどうなるの」と聞いてみましたら「社員への今月の給料が払えなくなりますね」との答え。「この会社は、薄皮一枚の資金で回しているんだ」と、冷や汗が出ました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1348文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。