私の座右の銘は、「辛苦は無に勝る」というものです。自分流の英語で、「Anything(hard) is better than Nothing (to do).」と言い換えることもあります。「たとえ苦しくとも、挑戦できる課題があるからこそ、人も企業も成長していける」「生きていく上で避けることのできぬ『苦』というものは、人生の本質ではないか」──。そのように、私は考えているのです。