「幸せの総量増やす」ため尽力してきた 我が師と呼べるのは父

 「己こそ己の寄る辺」「幸せの総量増やす」「縁濃き者より度すべし」──。私は毎朝、仏壇に向かって、この“お経”のようなものを唱えています。政治家としてはもちろん、人として、この文句からはずれないように生きたいと思ってきました。

(写真=加藤 康)
(写真=加藤 康)

 いずれも12音からなる、3つの文句。それぞれ、お釈迦様の言葉、デール・カーネギーの本で読んだ言葉、テレビで聞きかじった言葉です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1062文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。