宮崎駿監督のアニメーション映画「風の谷のナウシカ」で、主人公ナウシカを乗せて空に舞う飛行機、「メーヴェ」をご存じでしょうか。生身で機体の上に乗って操縦するその姿に、機械としての性能、あるいは戦争の道具としての強さを求める飛行機とはまったく違う魅力を感じて、「これを実際に作って、空を飛んでみたい」と考えたのが2003年。イラク戦争のころですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1365文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。