宮崎駿監督のアニメーション映画「風の谷のナウシカ」で、主人公ナウシカを乗せて空に舞う飛行機、「メーヴェ」をご存じでしょうか。生身で機体の上に乗って操縦するその姿に、機械としての性能、あるいは戦争の道具としての強さを求める飛行機とはまったく違う魅力を感じて、「これを実際に作って、空を飛んでみたい」と考えたのが2003年。イラク戦争のころですね。