「こんな会社になりたい」

 「社会をこう変えたい」

 そういう夢を語る経営者が少なくなっているように感じます。経営実務に長けている人は増えている印象ですが、夢がない。偏差値競争をくぐり抜けたように社内の出世競争を勝ち抜き、よいポストに就くことそのものが目的になっているような……。経営者になっても数字を良くすることそのものが目的になっている方も多いのではないでしょうか。