「こんな会社になりたい」

 「社会をこう変えたい」

 そういう夢を語る経営者が少なくなっているように感じます。経営実務に長けている人は増えている印象ですが、夢がない。偏差値競争をくぐり抜けたように社内の出世競争を勝ち抜き、よいポストに就くことそのものが目的になっているような……。経営者になっても数字を良くすることそのものが目的になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り406文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。