11月に「6時間リレーマラソン大会」に出場しました。6時間に1チームでどのくらいの距離(周回コース)を走れるかを競うもので、20人の仲間と、5人1組に分かれ計4チームで参加したのです。1人が2時間走って残り4時間を4人で回そうが、1人が1周ずつ走ってたすきをつなごうが、走り方は自由。「誰がどのくらい走り、どうやってつなぐか」の作戦が勝敗を左右します。