11月に「6時間リレーマラソン大会」に出場しました。6時間に1チームでどのくらいの距離(周回コース)を走れるかを競うもので、20人の仲間と、5人1組に分かれ計4チームで参加したのです。1人が2時間走って残り4時間を4人で回そうが、1人が1周ずつ走ってたすきをつなごうが、走り方は自由。「誰がどのくらい走り、どうやってつなぐか」の作戦が勝敗を左右します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り645文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。