世界中でバッシングが起きる中、HIV(エイズウイルス)感染者である古い友人はこのニュースをどう感じたのだろうかと考えてしまいました。

 「ゲノム編集」技術を使って遺伝子を改変した受精卵から双子の女児が誕生したニュース。手掛けたのは中国の研究者とされ、批判にさらされています。HIVのある親から感染を防ぐよう遺伝子を改変したのだそうです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り468文字 / 全文640文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。