「電話? 何の話ですか」

 以前、中国に赴任している記者に諜報活動の実態を取材してもらっていたころの出来事です。携帯電話に記者からの不在着信履歴があるのに気付き、折り返しました。電話がつながり、ほんの数秒ですが会話をして、その途中で切れてしまいました。直後にもう一度かけ直したら、その記者が冒頭の発言をしたのです。電話をかけていないし、私からの電話も受けていないと。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り455文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。