「本物のスパイはすごいですよ」。ある大企業の幹部が教えてくれました。スパイ映画「007」のモデルとなった英国の秘密情報部(MI6)のOBにロシア企業との商談のコンサルを頼んだところ、相手幹部のスケジュールや政府の考え方が手に取るように分かり、大いに役立ったそうです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り647文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。