安倍晋三首相が衆院解散を決断しました。批判にさらされかねない驚きのタイミングでした。様々な問題が山積し、内閣改造したばかり。北朝鮮も緊張の度合いを高めています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り641文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。