安倍晋三首相が衆院解散を決断しました。批判にさらされかねない驚きのタイミングでした。様々な問題が山積し、内閣改造したばかり。北朝鮮も緊張の度合いを高めています。