1961年から22年間にわたって理工系大学の研究者に返済不要の奨学金を贈り続けた「あしながおじさん」が実在しました。6億円の基金で設立された「作行会」という財団法人が実務を担っていたのですが、あしながおじさんなので、誰がお金を出しているのかは、ずっと秘密になっていました。