誰もが受け入れなければならないのに、受け入れたくない現実は老いと死でしょう。人にも企業にも、寿命があります。企業は中身を入れ替え、生き永らえることもできますが、人の寿命は避けて通れません。