「独裁もいよいよここまで来ましたよ」。上海にいる古くからの友人が最近の中国でのちょっとした変化を教えてくれました。交差点の傍に大きな表示装置を立て、信号無視した歩行者の顔をその場で映し出すようになったというのです。まだ対象となっている交差点は少ないそうですが、上海以外の都市でも少しずつ広がっているようです。

 マナーの悪いやつを辱めるちょっとした罰と思うかもしれませんが、そんな優しいものではありません。

 信号無視した人の顔だけを的確にとらえ、顔認証システムとデータベースを使ってそれが誰なのかを瞬時に割り出す。表示装置に顔と一緒に身分証の番号がさらされる交差点もあるのだそうです。いよいよここまで来たのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り336文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。