AI(人工知能)、ロボット、IoT(モノのインターネット)など、技術革新が大きく進むことを予感させる言葉が本誌でも毎号のように登場します。これらの技術が私たちの生活や仕事を具体的にどう変えていくのか、まだよくわからないところもあります。そうした中で、案外わかりやすい技術が自動運転ではないでしょうか。