AI(人工知能)、ロボット、IoT(モノのインターネット)など、技術革新が大きく進むことを予感させる言葉が本誌でも毎号のように登場します。これらの技術が私たちの生活や仕事を具体的にどう変えていくのか、まだよくわからないところもあります。そうした中で、案外わかりやすい技術が自動運転ではないでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り618文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。