イトーヨーカ堂、イオン、ニトリ……流通の名だたる会社がその経営手法を学んだと言います。「チェーンストア理論」。今は亡きコンサルタントの渥美俊一さんが提唱、国内小売りに大きな影響を与えました。本部による集中統制と徹底した数値管理が柱で、多店舗展開を容易にし、メーカーに対する流通と消費者の地位向上を進めました。