イトーヨーカ堂、イオン、ニトリ……流通の名だたる会社がその経営手法を学んだと言います。「チェーンストア理論」。今は亡きコンサルタントの渥美俊一さんが提唱、国内小売りに大きな影響を与えました。本部による集中統制と徹底した数値管理が柱で、多店舗展開を容易にし、メーカーに対する流通と消費者の地位向上を進めました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り484文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。