生まれ育った和歌山県新宮市の実家に不思議な写真がありました。セピア色で見にくくなっていますが、西部劇に出てくるような街並みと何人かの男たちが写っています。時は1900年前後、場所は米西海岸のどこか──らしい。確かなのは男の中の一人が私の曽祖父だということでした。私は会ったことがないので分かりませんが。

 紀伊半島の南の端の方にある故郷は陸の孤島。大阪や名古屋につながる鉄道「紀勢本線」の全面開通は1959年と遅く、いまだに東京を見たことがないという人がたくさんいます。そんな土地の曽祖父がなぜ100年以上も前に西海岸にいたのかが不思議でした。

 最近になって昔を知る人に聞いた話では、当時は紀伊半島の南から西海岸に渡る住人が大勢いたのだそうです。出稼ぎの移民ですね。現地で漁業などをやって成功し、自分たちで缶詰工場なども造っていたようです。途中のハワイでもそういう人たちによって現地の漁業が独占されるまでになっていたという話もあります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り222文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。