今から27年前の1989年秋。シャープが電子手帳の新製品を発表する記者会見を開きました。ひな壇にはシャープ以外の人が1人、座っていました。電子手帳用のソフト(ICカード)を提供する会社の社長で、当時32歳。会見の後、名刺交換した際に、同行した先輩記者が「この人はものすごい大物になるよ」と紹介してくれ、その人は「いやいや」と照れていたことを覚えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り647文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。