「50歳や60歳になっても、この仕事を続けるのかなとふと思って……」中学時代のバンド仲間が、高校卒業後に大阪にある街の電気屋さんに就職しました。お得意先に出向いては電球を取り換える日々。しばらくするとお店を辞めてしまいます。そして大好きなバンドで一旗揚げようと上京します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り628文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。